文語詩稿 一百篇

  母

雪袴黒くうがちし     うなゐの子瓜食(は)みくれば

風澄めるよもの山はに   うづまくや秋のしらくも

その身こそ瓜も欲りせん  齢(とし)弱(わか)き母にしあれば

手すさびに紅き萱穂を   つみつどへ野をよぎるなれ

  岩手公園

「かなた」と老いしタピングは、  杖をはるかにゆびさせど、

東はるかに散乱の、        さびしき銀は声もなし。

なみなす丘はぼうぼうと、     青きりんごの色に暮れ、

大学生のタピングは、       口笛軽く吹きにけり。

老いたるミセスタッピング、    「去年(こぞ)なが姉はこゝにして、

中学生の一組に、         花のことばを教へしか。」

弧光燈(アークライト)にめくるめき、       羽虫の群のあつまりつ、

川と銀行木のみどり、       まちはしづかにたそがるゝ。

  選挙

(もつて二十を贏(か)ち得んや)   はじめの駑馬(うま)をやらふもの

(さらに五票もかたからず)   雪うち噛める次の騎者

(いかにやさらば太兵衛一族(まき))  その馬弱くまだらなる

(いなうべがはじうべがはじ)  懼るゝ声はそらにあり

  崖下の床屋

あかりを外(そ)れし古かゞみ、  客あるさまにみまもりて、

唖の子鳴らす空(から)鋏。

かゞみは映す崖のはな、  ちさき祠に蔓垂れて、

三日月凍る銀斜子(ななこ)。

沍(いて)たつ泥をほとほとと、  かまちにけりて支店長、

玻璃戸の冬を入り来る。

のれんをあげて理髪技士、  白き衣をつくろひつ、

弟子の鋏をとりあぐる。

  祭日〔一〕

谷権現の祭りとて、     麓に白き幟たち、

むらがり続く丘丘に、    鼓(こ)の音(ね)の数のしどろなる。

頴花(はな)青じろき稲むしろ、   水路のへりにたゝずみて、

朝の曇りのこんにやくを、  さくさくさくと切りにけり。

  保線工手

狸(マミ)の毛皮を耳にはめ、    シャブロの束に指組みて、

うつろふ窓の雪のさま、   黄なるまなこに泛べたり。

雪をおとして立つ鳥に、   妻がけはひのしるければ、

仄かに笑まふたまゆらを、  松は畳めり風のそら。

  〔南風の頬に酸くして〕

南風の頬に酸くして、  シェバリエー青し光芒。

天翔る雲のエレキを、  とりも来て蘇しなんや、いざ。

  種山ヶ原

春はまだきの朱(あけ)雲を

アルペン農の汗に燃し

繩と菩提樹皮(マダカ)にうちよそひ

風とひかりにちかひせり

繞る八谷に劈櫪の

いしぶみしげきおのづから

種山ヶ原に燃ゆる火の

なかばは雲に鎖さるゝ

  ポランの広場

つめくさ灯ともす  宵の広場

むかしのラルゴを  うたひかはし

雲をもどよもし   夜風にわすれて

とりいれまぢかに  歳よ熟(う)れぬ

組合理事らは    藁のマント

山猫博士は     かはのころも

醸せぬさかづき   その数しらねば

はるかにめぐりぬ  射手(いて)や蠍

  巡業隊

霜のまひるのはたごやに、  がらすぞうるむ一瓶の、

酒の黄なるをわかちつゝ、  そゞろに錫の笛吹ける。

すがれし大豆(まめ)をつみ累げ、  よぼよぼ馬の過ぎ行くや、

風はのぼりをはためかし、  障子の紙に影刷きぬ。

ひとりかすかに舌打てば、  ひとりは古きらしゃ鞄、

黒きカードの面反(おもぞ)りの、   わびしきものをとりいづる。

さらにはげしく舌打ちて、  長(をさ)ぞまなこをそらしぬと、

楽手はさびしだんまりの、  投げの型してまぎらかす。

  夜

はたらきまたはいたつきて、  もろ手ほてりに耐へざるは、

おほかた黒の硅板岩礫(イキイシ)を、   にぎりてこそはまどろみき。

  医院

陶標春をつめたくて、    水松(いちゐ)も青く冴えそめぬ。

水うら濁る島の苔、     萱屋に玻璃のあえかなる。

瓶をたもちてうなゐらの、  みたりためらひ入りくるや。

神農像に饌(け)ささぐと、    学士はつみぬ蕗の薹。

  〔沃度ノニホヒフルヒ来ス〕

沃度ノニホヒフルヒ来ス、   青貝山ノフモト谷、

荒レシ河原ニヒトモトノ、   辛夷ハナ咲キ立チニケリ。

モロビト山ニ入ラントテ、   朝明ヲココニ待チツドヒ、

或イハ鋸ノ目ヲツクリ、    アルハタバコヲノミニケリ。

青キ朝日ハコノトキニ、    ケブリヲノボリユラメケバ、

樹ハサウサウト燃エイデテ、  カナシキマデニヒカリタツ。

 カクテアシタハヒルトナリ、  水音イヨヨシゲクシテ、

 鳥トキドキニ群レタレド、   ヒトノケハヒハナカリケリ。

雲ハ経紙ノ紺ニ暮レ、     樹ハカグロナル山山ニ、

梢螺鈿ノサマナシテ、     コトトフコロトナリニケリ。

ツカレノ銀ヲクユラシテ、   モロ人谷ヲイデキタリ、

ココニ二タビ口(クチ)ソソギ、    セナナル荷ヲバトトノヘヌ。

ソハヒマビマニトリテ来シ、  木ノ芽ノ数ヲトリカハシ、

アルイハ百合ノ五塊(タマ)ヲ、    ナガ大母ニ持テトイフ。

ヤガテ高木モ夜トナレバ、   サラニアシタヲ云ヒカハシ、

ヒトビトオノモ松ノ野ヲ、   ワギ家ノカタヘイソギケリ。

  〔みちべの苔にまどろめば〕

みちべの苔にまどろめば、  日輪そらにさむくして、

わづかによどむ風くまの、  きみが頬ちかくあるごとし。

まがつびここに塚ありと、  おどろき離(か)るゝこの森や、

風はみそらに遠くして、   山なみ雪にたゞあえかなる。

  〔二山の瓜を運びて〕

二山の瓜を運びて、    舟いだす酒のみの祖父(ぢぢ)。

たなばたの色紙購ふと、  追ひすがる赤髪(け)のうなゐ。

ま青なる天弧の下を、   きららかに町はめぐりつ。

ここにして集へる川の、  はてしなみ萌ゆるうたかた。

  〔けむりは時に丘丘の〕

けむりは時に丘丘の、  栗の赤葉に立ちまどひ、

あるとき黄なるやどり木は、  ひかりて窓をよぎりけり。

(あはれ土耳古玉(タキス)のそらのいろ、  かしこいづれの天なるや)

(かしこにあらずこゝならず、  われらはしかく習ふのみ。)

(浮屠らも天を云ひ伝へ、  三十三を数ふなり、

上の無色にいたりては、  光、思想を食めるのみ。)

そらのひかりのきはみなく、  ひるのたびぢの遠ければ、

をとめは餓ゑてすべもなく、  胸なる珞(たま)をゆさぶりぬ。

  〔遠く琥珀のいろなして〕

遠く琥珀のいろなして、  春べと見えしこの原は、

枯草(くさ)をひたして雪げ水、  さゞめきしげく奔るなり。

峯には青き雪けむり、   裾は柏の赤ばやし、

雪げの水はきらめきて、  たゞひたすらにまろぶなり。

  心相

こころの師とはならんとも、  こころを師とはなさざれと、

いましめ古りしさながらに、  たよりなきこそこゝろなれ。

はじめは潜む蒼穹に、     あはれ鵞王の影供ぞと、

面さへ映えて仰ぎしを、    いまは酸えしておぞましき、

澱粉堆とあざわらひ、

いたゞきすべる雪雲を、    腐(くだ)せし馬鈴薯とさげすみぬ。

  肖像

朝のテニスを慨(なげか)ひて、   額は貢(たか)し 雪の風。

入りて原簿を閲すれば、  その手砒硫の香にけぶる。

  暁眠

微けき霜のかけらもて、   西風ひばに鳴りくれば、

街の燈(あかり)の黄のひとつ、    ふるへて弱く落ちんとす。

そは瞳(まみ)ゆらぐ翁面(おきなめん)、     おもてとなして世をわたる、

かのうらぶれの贋(いか)物師、   木藤(どう)がかりの門(かど)なれや。

写楽が雲母(きら)を揉み削(こそ)げ、   芭蕉の像にけぶりしつ、

春はちかしとしかすがに、  雪の雲こそかぐろなれ。

ちひさきびやうや失ひし、  あかりまたたくこの門に、

あしたの風はとどろきて、  ひとははかなくなほ眠るらし。

  旱倹

雲の鎖やむら立ちや、     森はた森のしろけむり、

鳥はさながら禍津日を、    はなるとばかり群れ去りぬ。

野を野のかぎり旱割れ田の、  白き空穂のなかにして、

術をもしらに家長たち、    むなしく風をみまもりぬ。

  〔老いては冬の孔雀守る〕

老いては冬の孔雀守る、    蒲の脛巾(はばき)とかはごろも、

園の広場の午后二時は、    湯管(くだ)のむせびたゞほのか。

あるいはくらみまた燃えて、  降りくる雪の縞なすは、

さは遠からぬ雲影の、     日を越し行くに外ならず。

  老農

火雲むらがり翔(と)べば、  そのまなこはばみてうつろ。

火雲あつまり去れば、  麦の束遠く散り映う。

  浮世絵

ましろなる塔の地階に、    さくらばなけむりかざせば、

やるせなみプジェー神父は、  とりいでぬにせの赤富士。

青瓊(ぬ)玉かゞやく天に、     れいろうの瞳をこらし、

これはこれ悪業(あく)乎(か)栄光(さかえ)乎(か)、   かぎすます北斎の雪。

  歯科医院

ま夏は梅の枝青く、     風なき窓を往く蟻や、

碧空(そら)の反射のなかにして、  うつつにめぐる鑿ぐるま。

浄き衣せしたはれめの、   ソーファによりてまどろめる、

はてもしらねば磁気嵐、   かぼそき肩ををののかす。

  〔かれ草の雪とけたれば〕

かれ草の雪とけたれば

裾野はゆめのごとくなり

みじかきマント肩はねて

濁酒をさぐる税務吏や

はた兄弟の馬喰の

鶯いろによそほへる

さては「陰気の狼」と

あだなをもてる三百も

みな恍惚とのぞみゐる

  退耕

ものなべてうち訝しみ、   こゑ粗き朋らとありて、

黄の上着ちぎるゝまゝに、  栗の花降りそめにけり。

演奏会(リサイタル)せんとのしらせ、   いでなんにはや身ふさはず、

豚(ゐのこ)はも金毛となりて、    はてしらず西日に駈ける。

  〔白金環の天末を〕

白金環の天末を、     みなかみ遠くめぐらしつ、

大煙突はひさびさに、   くろきけむりをあげにけり。

けむり停まるみぞれ雲、  峡を覆ひてひくければ、

大工業の光景(さま)なりと、   技師も出でたち仰ぎけり。

  早春

黒雲峡を乱れ飛び  技師ら亜炭の火に寄りぬ

げにもひとびと祟むるは  青き Gossan 銅の脈

わが索むるはまことのことば

雨の中なる真言なり

  来々軒

浙江の林光文は、      かゞやかにまなこ瞠き、

そが弟子の足をゆびさし、  凛としてみじろぎもせず。

ちゞれ雲西に傷みて、    いささかの粉雪ふりしき、

警察のスレートも暮れ、   売り出しの旗もわびしき。

むくつけき犬の入り来て、  ふつふつと釜はたぎれど、

額(ぬか)青き林光文は、      そばだちてまじろぎもせず。

もろともに凍れるごとく、  もろともに刻めるごとく、

雪しろきまちにしたがひ、  たそがれの雲にさからふ。

  林館開業

凝灰岩(タフ)もて畳み杉植ゑて、  麗※(「女+朱」、第3水準1-15-80)六七なまめかし、

南銀河と野の黒に、     その※(「片+戸/甫」、第3水準1-87-69)々をひらきたり。

数寄(すき)の光壁(くわうへき)更たけて、    千の鱗翅と鞘翅目、

直翅の輩はきたれども、   公子訪へるはあらざりき。

  コバルト山地

なべて吹雪のたえまより、  はたしらくものきれまより、

コバルト山地山肌の、    ひらめき酸えてまた青き。

  旱害地帯

多くは業にしたがひて  指うちやぶれ眉くらき

学びの児らの群なりき

花と侏儒とを語れども  刻めるごとく眉くらき

稔らぬ土の児らなりき

    ……村に県(あがた)にかの児らの  二百とすれば四万人

      四百とすれば九万人……

ふりさけ見ればそのあたり  藍暮れそむる松むらと

かじろき雪のけむりのみ

  〔鐘うてば白木のひのき〕

鐘うてば白木のひのき、  ひかりぐもそらをはせ交ふ。

凍えしやみどりの縮葉甘藍(ケール)、  県視学はかなきものを。

  早池峯山巓

石絨(アスベスト)脈なまぬるみ、     苔しろきさが巌にして、

いはかゞみひそかに熟し、  ブリューベル露はひかりぬ。

八重の雲遠くたゝへて、   西東はてをしらねば、

白堊紀の古きわだつみ、   なほこゝにありわぶごとし。

  社会主事 佐伯正氏

群れてかゞやく辛夷花樹(マグノリア)、  雪しろたゝくねこやなぎ、

風は明るしこの郷(さと)の、    士(ひと)はそゞろに吝(やぶさ)けき。

まんさんとして漂へば、   水いろあはき日曜(どんたく)の、

馬を相する漢子(をのこ)らは、    こなたにまみを凝すなり。

  市日

丹藤(タンド)に越ゆるみかげ尾根、  うつろひかればいと近し。

地蔵菩薩のすがたして、   栗を食(た)うぶる童(わらはべ)と、

縞の粗麻布(ジユート)の胸しぼり、   鏡欲りするその姉と。

丹藤に越ゆる尾根の上に、  なまこの雲ぞうかぶなり。

  廃坑

春ちかけれど坑々の、    祠は荒れて天霧し、

事務所飯場もおしなべて、  鳥の宿りとかはりけり。

みちをながるゝ雪代に、   銹びしナイフをとりいでつ、

しばし閲してまもりびと、  さびしく水をはねこゆる。

  副業

雨降りしぶくひるすぎを、  青きさゝげの籠とりて、

巨利を獲るてふ副業の、   銀毛兎に餌すなり。

兎はつひにつぐのはね、   ひとは頬あかく美しければ、

べつ甲ゴムの長靴や、    緑のシャツも着くるなり。